「愛知川洪水」に関する説明(滋賀県防災情報マップより転載)

2020.6.3|安全・安心事業部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

淀川水系 愛知川 洪水浸水想定区域図
1 説明文
この図は、淀川水系愛知川の水位情報周知河川に指定した区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。
この洪水浸水想定区域図等は、指定時点における愛知川の河道の整備状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね100年に1回程度起こり得る大雨により、愛知川が氾濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。
なお、このシミュレーションの実施にあたっては、支派川の氾濫、想定を超える降雨、内水による氾濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域以外においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等
(1) 作成主体
滋賀県土木交通部河港課

(2) 指定年月日
平成18年5月31日

(3) 告示番号
滋賀県告示第1045号

(4) 指定の根拠法令
水防法(昭和24年法律第193号)第14項

(5) 対象となる洪水予報河川
淀川水系愛知川(実施区間
左岸:東近江市山上町から琵琶湖まで、
右岸:東近江市永源寺高野町から琵琶湖まで)

(6) 指定の前提となる計画降雨
愛知川流域の3時間雨量 188㎜

(7) 関係市町
東近江市、彦根市、愛荘町

(8) その他計算条件等
1) この図は、愛知川の水位情報周知河川に指定した区間において、複数の箇所で堤防が壊れたり堤防を越えて溢れた場合に想定される最大の浸水区域および水深を示しています。
2) 愛知川の堤防を有する区間においては、危険となる水位に達した時点で、堤防が壊れた場合の浸水状況をシミュレーションによって求めています。
3) シミュレーションは、対象区域を250m格子(計算メッシュという)に分割し、これを1単位として計算しています。また、計算メッシュの地盤高は縮尺1/2、500の地形図をもとに算定した平均地盤高を用いています。このため、微地形による影響が表せていない場合があります。
4) 浸水想定区域や等深線は、シミュレーション結果から計算メッシュ毎の想定浸水深を算出し、隣接する計算メッシュとの連続性や、道路、鉄道など連続する盛土状の構造物、その他1/2、500の地形図で示された地形等を考慮して図示しています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL